企業情報 > ごあいさつ

ごあいさつ

めっきに機能的特性が求められるかぎり、三ツ矢の足跡は永久にめっきの歴史に刻み込まれていくことでしょう

今、めっきが面白い

めっきというと装飾的用途を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。 めっきは大変長い歴史をもった表面処理技術であり、その技術は時代を歩むごとに少しずつ変化進歩を遂げ、装飾だけでなくいろいろな用途に向けて性能や機能の向上ができるようになりました。 現在の21世紀のIT、ディバイス、ユビキタス、次世代エネルギー、次世代モータリゼーション、環境技術等の先端技術には必要不可欠な技術となりつつあります。 ナノテク、MEMSについても各大学、研究機関でもめっき技術を基本として研究開発をするところも多くなってきており、めっき技術を応用した先端技術はますます広がり 非常に面白く将来性のある分野になりつつあるのではないでしょうか。 この時代の中で三ツ矢はお客様のニーズにお応えするために、常にわずかな可能性があれば挑戦を続けております。 いままでもお客様の厳しい要求には、とりあえずやってみようの精神で実験による試行錯誤で研究を重ね数々の難題をこなし、お客様より 「困った時は三ツ矢にもっていけ」と評価をいただくまでになりました。 今後も人材育成、技術開発、生産、品質保証体制の強化と環境負荷の低減を行い、お客様のますます厳しいご要望と次世代技術に対応できるように研鑽を重ねていく所存であります。 三ツ矢はめっき技術を通じて社会に貢献していきたいと念願しております。

※「今、めっきがおもしろい」は榎本英彦著 日本表面処理工業新聞社刊の本の題名からいただきました。

page top