企業情報 > 工場紹介 > 米沢工場

米沢工場

米沢工場の特徴

ケネディ大統領が尊敬する上杉鷹山で有名な米沢市の、八幡原中核工業団地内に位置する三ツ矢で最大の工場です。
フープめっきの他、通信機器部品へのめっきを行っております。

主なめっき種
フープめっき各種・光沢金・光沢銀・硬質銀・パラジウム・パラジウム-ニッケル・銅・光沢ニッケル・半光沢ニッケル・無電解ニッケル・無光沢錫・アルミへのアロジン#1000,#1200・アルミニウムへの防錆処理(クロムフリー)・パシペート




得意分野

貴金属めっき(RoHS対応済み)

金、銀、Pd、Pd-Niの貴金属めっき

フープの量産工場

ストライプフープめっき、部分フープめっき、ニッケルバリア対応のフープめっき
少量多品種製品対応ライン
ワイヤーボンディング性に優れるニッケルフープめっき 詳細はこちら
Pbフリーフープめっき(Snフープめっき、Pd-Niフープめっき)
SUS材上への直金フープめっき 詳細はこちら

RoHS対応めっき

6価クロムフリー対応化成処理
アルミニウム無色化成処理(ジルコニウム系)
鉛フリーの無電解ニッケル対応

取得認証

エコステージ3(環境保全)
ISO 9001(品質保証)

米沢工場環境方針
米沢工場品質方針

保有設備

ラック・バレル・網めっき

めっき仕様 適用素材 備考 処理可能寸法
D×W×H
光沢Ni+光沢Au 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・SUS 手動
(ラック)
200×400×600
光沢Ni+光沢Au 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・SUS 手動
(バレル、網)
200×400×500
Cu/光沢Ni+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・SUS 手動
(ラック)
180×400×600
Cu/光沢Ni+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・SUS 手動
(バレル、網)
180×400×500
Cu+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・SUS 自動機
(ラック)
250×800×600
無光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅 手動
(ラック、バレル)
350×350×150
硬質Ag 銅・黄銅・リン青銅 手動
(ラック、バレル、網)
500×200×600
Cu+無光沢Sn 銅・黄銅・リン青銅 自動機
(ラック、バレル)
250×800×600
半光沢Ni 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・SUS 手動
(バレル、ラック)
300×500×500
光沢Ni 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・SUS 手動
(バレル、ラック)
280×450×600
無電解Ni 鉄・銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・SUS 手動
(ラック、網)
550×450×600
化成処理 アルミ 手動
(ラック)
650×650×650
パッシベート処理
(不動態化処理)
SUS 手動
(網)
200×400×50

※「処理可能寸法」を超える物については確認が必要です。

フープめっき

めっき仕様 適用素材 曲げ高寸法
Cu+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・洋白 14
Cu+Ni+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・洋白 14
Ni 銅・黄銅・リン青銅・洋白・SUS 14
Ni+PdNi+光沢Au
Ni+光沢Au+Pd
銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・洋白 7
Ni+光沢Au 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・洋白 14
Ni+光沢Au+無光沢Sn 銅・黄銅・リン青銅・洋白・SUS・ベリリウム銅 14
Ni+無光沢Sn 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・洋白 20
Ni+光沢Au 銅・黄銅・リン青銅・洋白・SUS・ベリリウム銅 10

※「フープ最大幅、曲げ高さ」について下記が目安となり、それ以上の場合は個々の確認が必要です。
・曲げ高さ3mm以下の場合、幅の最大値は65mmまで
・曲げ高さ10mm以上の場合、幅の最大値は40mmまで

[めっき仕様:Ni、Ni+無光沢Sn] [適用素材:銅、黄銅、リン青銅、洋白] の場合
・曲げ高さ3mm以下の場合、幅の最大値は100mm
・曲げ高さ10~20mmの場合、最大値は別途相談


※上記にない素材につきましては確認が必要となります。
※「めっき仕様」に赤字で記載されている物が最外層(最表層)となります。


所在地

米沢工場

〒992-1128
山形県米沢市八幡原1丁目1番地14
TEL. 0238-28-7191 FAX. 0238-28-7197

営業 chiba(アット)mitsuyanet.co.jp
生産技術 goto-hi(アット)mitsuyanet.co.jp
 ※(アット)を@に変換して送信してください。

JR米沢駅から、車で5分

page top